SSブログ
RSS [RSS1.0] [RSS2.0]
共謀罪を含む改悪組織犯罪処罰法は
【「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動(東京新聞 2017/6/16)】

心神喪失者等医療観察法はダメ9

『警備は厳重、治療も配慮 医療観察法入院病棟を公開』(共同通信、2005/7/25)を読んで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050725-00000190-kyodo-soci
次の部分

 公開された病棟は住民の不安に配慮し、敷地を高さ3・6メートルと2メートルの二重フェンスで覆い、フェンス間に赤外線センサーを通したほか、入り口を二重扉にし、警備員を24時間常駐させた。
(『警備は厳重、治療も配慮 医療観察法入院病棟を公開』)

 公開された病院は『国立精神・神経センター武蔵病院(東京都小平市)』らしい。
 「病院」である。にもかかわらず、刑務所のような施設である。病院関係者は『警備は厳重だが刑務所ではない』と説明したらしい。刑務所でなければ厳重な警備は必要ないだろう。厳重な警備が必要なのはなぜか。病院関係者は必要だと思っているのか。必要ないと思っているのなら、厳重な警備は必要ない。『住民の不安に配慮し』とあるが、なぜ住民は不安なのだろうか。病院関係者は住民と同じ思いなのだろうか。同じ思いでなければ、「住民の皆様が不安に思っているようなことはございません」と説明すれば良い。「厳重な警備があるから」ということではなく、「厳重な警備がなくても大丈夫」と説明すれば良い。そうしないのはなぜか。厳重な警備が必要だと思っているのだろう。住民の不安がなくても厳重な警備が必要だと思っているのだろう。その思いは心神喪失者等医療観察法の異常さ、様々な問題点に繋がっている。

心神喪失者等医療観察法に反対!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

「無罪」の人を強制的に監禁する法律はダメ!

 以前の関連ブログ記事:
  【心神喪失者等医療観察法はダメ】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ2】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ3】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ4】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ5】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ6】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ7】
  【心神喪失者等医療観察法はダメ8】


タグ:医療観察法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(5) 
カテゴリー:ニュースを見て
共通テーマ:ニュース

読者の反応

nice! 0

sonet-asin-area

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。